論文

院長の論文による研究発表

掲載年 論文タイトル 共著者など 掲載先
2017 通常内視鏡検査のおける存在診断能向上の検討-通常内視鏡検査での画像強調観察-NBIによる診断能の向上の可能性 藤井隆広 INTESTINE Vol.21 No.5 2017
2017 NBIによる大腸表面型腫瘍のスクリーニング 藤井隆広 胃と腸 Vol.52 No.9 2017
2017 症例のまとめ―Interval cancer と Post-colonoscopy CRC について 藤井隆広 INTESTINE Vol.21 No.1 2017
2016 色素拡大観察のコツ-Non-traumatic tube(NT-tube)の使用法を中心に 藤井隆広 消化器内視鏡 vol.28 No.9 2016 大腸腺腫-拾い上げから精密診断まで
2016 画像診断との対比で学ぶ 大腸疾患アトラス【微小癌】 藤井隆広 大腸がん perspective Vol.3 No.1 2016
2016 [腫瘍分野] 大腸LSTの歴史と今後 藤井隆広 INTESTINE Vol.20 No.1 2016
2015 観察法:大腸内視鏡によるscreening-怠るべからず10項目 藤井隆広 消化器内視鏡 vol.27 No.2 2015
2015 こんなとき,どうしますか?-私の意見 藤井隆広 INTESTINE Vol.19 No.1 2015
2015 超高齢者大腸内視鏡検査の工夫 藤井隆広 INTESTINE Vol.19 No.1 2015
2014 大腸LSTの歴史的背景 藤井隆広 胃と腸 Vol.49 No.12 2014
2014 ガイドライン改訂後の現状ー消化器専門クリニックの本音 藤井隆広 INTESTINE Vol.18 No.5 2014
2014 S-top挿入理論が私の大腸内視鏡挿入法 藤井隆広 消化器の臨床 苦痛のない大腸内視鏡挿入法-達人の極意- Vol.17 No.2 2014
2014 【腕を補う環境作り】体位変換の活用 藤井隆広 消化器内視鏡 vol.26 No.3 特集:早く上達する大腸内視鏡挿入法
2013 大腸ESD:私の一工夫 藤井隆広、大竹陽介、松田尚久、斎藤豊 創部閉鎖術の工夫 INTESTINE vol.17 No.1
2012 Atlas of lleoscopy 藤井隆広 The Hidden Cecal Region:Highlighted in a Clinical Case
2012 EMR,EPMRの手技 藤井隆広 大腸ESD
2012 回盲部の挿入・観察 藤井隆広 消化器の臨床 下部消化管内視鏡 挿入法のコツ・検査のポイント Vol.15 No.6 2012
2012 臨床診断の立場から(1)病変の発見,通常観察を中心に 藤井隆広、藤盛孝博 INTESTINE 特集SSA/Pの本態を探る 2012VOL.16 NO.6
2012 内視鏡挿入法 Q6.RSまでの挿入が,その後の挿入難易度を決定するというのは本当ですか? 藤井隆広 エキスパートだけが知っている大腸内視鏡-挿入のコツと診断の基本
2012 大腸鋸歯状病変の癌化を考える 藤井隆広、九嶋亮治 消化器内視鏡 vol.24 NO.7 知ってますか!SSA/Pとその癌化
2012 内視鏡診断上,腺腫とSSA/Pの診断に迷う病変 藤井隆広 消化器内視鏡 vol.24 NO.7 知ってますか!SSA/Pとその癌化
2012 病理組織診断上,HPとSSA/Pの診断に迷う病変 藤井隆広 消化器内視鏡 vol.24 NO.7 知ってますか!SSA/Pとその癌化
2012 脾彎曲通過の困難性 藤井隆広 大腸内視鏡挿入の基本とトラブルシューティング
2012 大腸腫瘍の内視鏡治療-EMR, ポリペクトミー 藤井隆広 消化器内視鏡 Vol.24 No.4
2011 大腸villous tumorの定義と問題点 藤井隆広、池松弘朗、藤盛孝博 INTESTTINE Vol.15 No.6
2011 大腸EMRのコツと落とし穴 藤井隆広 特集・大腸内視鏡をマスターする
-消化器内視鏡Vol.23 No.9
2011 これが私の大腸内視鏡検査法
-前処置から挿入法まで
藤井隆広 特集・消化器内視鏡「達人の技」
-小腸・大腸 消化器内視鏡vol.23 No.2
2011 10mm以上鋸歯状病変の内視鏡診断
LHPとSSA/Pは同一病変か?
藤井隆広、藤盛孝博 胃と腸 vol.46 No.4
2011 大腸癌の内視鏡検査・診断
大腸表面型腫瘍に対するNBI観察の有用性
藤井隆広 日本臨牀69巻増刊号3(2011年4月20日発行)
2010 穿孔に対する内視鏡的治療の手技とそのコツ(3)巾着縫合による穿孔の閉鎖 藤井隆広、松田尚久、池松弘朗、
傅光義
臨牀消化器内科、vol.25 No.2
2010 EMRの必要性と手技のコツ/ピットフォール(1)適応 藤井隆広 INTESTINE、vol.14 No.2
2010 拡大内視鏡による
invasive patternの臨床病理学的意義
藤井隆広、松田尚久 大腸疾患NOW 2010特別号《大腸癌取扱い規約》病理診断上の問題点
2010 臨床の立場から
(内視鏡診断からHPとSSA/Pを分けるポイント)
藤井隆広、藤盛孝博 大腸疾患NOW 2010特別号《大腸癌取扱い規約》病理診断上の問題点
2009 広い表面型30mm―
LST-G類似形態の遺残・再発病変
藤井隆広 消化器内視鏡、vol. 21 No.9
2009 腹壁圧迫によるSD移行部通過法
―S-top短縮挿入法―
藤井隆広 消化器内視鏡、vol. 21 No.4
2008 LSTの概念と病態 藤井隆広 症例で身につける消化器内視鏡
シリーズ 大腸腫瘍診断
2008 世界における大腸LST/Iicの認知度、位置づけ
(1)京都ワークショップからみた今後の課題
藤井隆広 早期大腸癌、vol.12 No.6
2007 A novel endoscopic suturing technique using a specially designed so called"8-ring"in combination with resolution clips(with videos) Takahiro Fujii, Akiko Ono,
Kuang-I Fu
GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY Vol.66 No.6
2006 LST-NG pseudo-depressed typeの1症例 藤井隆広 早期大腸癌、vol.10 No.5;444~445
2006 直腸carcinoid tumorの拡大内視鏡像 藤井隆広、真下由美、松田尚久 早期大腸癌、vol.10 No.1
2006 大腸sm癌に対する内視鏡診療の基本 藤井隆広 消化器内視鏡、 vol.18 No.3
2005

大腸癌の診断

大腸sm癌に対する色素内視鏡と拡大観察

藤井隆広、松田尚久 消化器外科、vol.28:659-665
2005 大腸内視鏡検査における前処置と前投薬 藤井隆広 消化器内視鏡、 vol.17 No.10
2005 大腸ポリープへのアプローチ 藤井隆広 medicina, vol.42 No.11, 2005~11
2005 内視鏡のインフォームド・コンセントの実際   (2)クリニック 藤井隆広 早期大腸癌、vol.9 No.5
2005 過形成性ポリープの拡大観察 藤井隆広 早期大腸癌、vol.9 No.3
2003 大腸内視鏡的摘除後の偶発症対策―2
チャンネル拡大内視鏡を用いた留置スネアと
クリップによる巾着縫合術
藤井隆広、松田尚久 消化器内視鏡、vol.15 No.10
2003 Japan Polyp Study
(大腸癌 最新の診断・治療up date)
藤井隆広、佐野寧、尾田恭、その他 内科、vol.91 No.5、883~889
2003 座談会 大腸癌の診断と治療の進歩
(大腸癌 最新の診断・治療up date)
藤井隆広、小俣 政男、名川 弘一、その他 内科,vol.91 No.5,905~919
2002 鼎談 大腸内視鏡検査の技術(前処置と挿入) 藤井隆広、工藤進英、松永厚生 鼎談 大腸内視鏡検査の技術(前処置と挿入)2002,12
2002 汎用内視鏡による total colonoscopy の挿入法 (2) Q&A 藤井隆広 早期大腸癌,vol.4 No.1,35~54
2002 大腸癌の内視鏡診断1 腫瘍の表面模様の意味するもの 藤井隆広、松田尚久、斎藤豊、その他 治療学,vol.36 No.1,19~24
2002 大腸内視鏡における適正な検査間隔-平均的~高危険郡患者- 藤井隆広、佐野寧、尾田恭、その他 消化器内視鏡,vol.14 No.4,439~445
2002 側方発育型腫瘍(LST)を中心に 藤井隆広 消化器外科,vol.25 No.11,1637~1642
2002 試作2チャンネル拡大電子スコープ 藤井隆広 消化器内視鏡,vol.14 No.9,1495~1496
2002 Is adaptive index of hemoglobin color enhancement effective in detecting small depressed type colorectal cancers? T.Fujii, A.Ono Dig. Endosc.,vol.14,S58~S61
2002 大きな大腸病変に対する計画的分割切除 藤井隆広、住吉徹哉、傅光義、その他 消化器内視鏡,vol.14 No.11,1784~1789
2001 II各論 (3)精検後のスクリーニングの間隔と方法 藤井隆広、神津隆弘、小野裕之、
その他
早期大腸癌,vol.5 No.2,157~164
2001 Chromoendoscopic dans le cancer superficiel de l'estomac T.Fujii, S.Yoshida Acta Endoscopica,vol.31 No.2,175~178
2001 Chromoendoscopie et diagnostic coloscopique avec optique grossissante T.Fujii, Y.Saito, T.Kozu Acta Endoscopica,vol.31 No.2,195~199
2001 座談会 -V型pit pattern 診断の臨床的意義と問題点- 藤井隆広、今井靖、工藤進英、その他 早期大腸癌,vol.5 No.6,595~613
2001 電動ズーム式大腸内視鏡の実際(2)オリンパス 藤井隆広、斎藤豊、神津隆弘、その他 臨床消化器内科,vol.16 No.2,215~224
2001 序説 藤井隆広 消化器内視鏡,vol.13 No.8,1124
2001 大腸スコープ挿入困難例はこう克服する 藤井隆広、斉藤祐輔、田中信治 消化器内視鏡,vol.13 No.8,1193~1215
2001 Chromoscopy During Colonoscopy T.Fujii, R.T.Hasegawa, Y.Saito,
et al.
Endoscopy,vol.33 No.12,1036~1041
2001 V型 pit pattern の診断とその臨床的意義 (4)
拡大内視鏡による臨床分類
--invasive patternの診断基準
藤井隆広、松田尚久、神津隆弘、
その他
早期大腸癌,vol.5 No.6,541~548
2001 早期大腸癌の深達度診断におけるEUSと拡大内視鏡の位置づけ 拡大内視鏡を重要視する立場から 藤井隆広、加藤茂治、斎藤豊、その他 胃と腸,vol.36 No.6,817~827
2001 座談会 早期大腸癌の深達度診断にEUSと
拡大内視鏡は必要か
藤井隆広、斉藤祐輔、田中信治、
その他
胃と腸,vol.36 No.6,837~855
2001 II各論 (3)精検後のスクリーニングの間隔と方法 藤井隆広、神津隆弘、小野裕之、
その他
早期大腸癌,vol.5 No.2,157~164
2000 内視鏡切除(ER)のコツと合併症対策
―結節集簇型腫瘍
藤井隆広、斉藤豊 消化器内視鏡New Procedure消化管
2000 Ⅲ 大腸 serrated adenoma の由来と発育進展
--過形成性ポリープ・絨毛状腫瘍との対比から
藤井隆広、斎藤豊、佐野寧、その他 早期大腸癌,vol.4 No.5,443~451
2000 Ⅲ Total colonoscopy のトレーニング方法 (1)
教育システム b.初心者の導入方法
藤井隆広、斎藤豊、神津隆弘 早期大腸癌,vol.4 No.1,95~101
2000 太径スコープによる一人法大腸内視鏡挿入法
  -- S-D junction の越え方を中心に --
藤井隆広、斎藤豊、神津隆弘 消化器内視鏡,vol.12 No.2,141~146
1999 早期大腸癌肉眼分類-私の診断基準 藤井隆広 胃と腸,vol.34 No.1,24
1999 大腸拡大内視鏡診断はどこまで病理診断に近づいたか 大腸上皮性腫瘍を対象として 藤井隆広、永田和弘、斎藤豊、その他 胃と腸,vol.34 No.13,1653~1664
1999 拡大電子スコープによる大腸腫瘍の質的診断 藤井隆広、斎藤豊、加藤茂治 消化器内視鏡,vol.11 No.6,926~930
1998 LSTの臨床的意義 (1)他の肉眼型との比較から 藤井隆広、倉橋利徳、加藤茂治、
その他
早期大腸癌,vol.2 No.5,483~494
1998 IV 拡大内視鏡によるsm癌の診断 (2)拡大内視鏡による大腸癌の深達度診断 --その有用性と限界について 藤井隆広 早期大腸癌,vol.2 No.4,443~450
1998 大腸癌の発生にはK-ras点突然変異がどのようにかかわっているか 藤井隆広、加藤茂治 医学のあゆみ,vol.187 No.7,674~675
1997 大腸 Serrated Adenoma と過形成性ポリープの比較検討 藤井隆広 東邦医学会雑誌,vol.44 No.3・4,(87)~(279)~(95)~(287)
1997 I 表面陥凹型大腸腫瘍(腺腫・癌)とまぎらわしい陥凹性病変との鑑別(3)大腸IIcと鑑別の必要な病変(所見)とその鑑別ポイント c.過形成性ポリープ(hyperplastic polyp)(1) 大腸Ⅱcの見分け方-類似病変および良・悪性の鑑別 藤井隆広 Endoscopy,vol.1 No.2,178~179
1997 IIcの典型症例 5.直腸(Ra)のIIc型早期癌 藤井隆広、田村文雄、加藤茂治、
その他
早期大腸癌,vol.1 No.1,77~83
1997 I 表面陥凹型大腸腫瘍(腺腫・癌)とまぎらわしい陥凹性病変との鑑別 (3)大腸IIcと鑑別の必要な病変(所見)とその鑑別ポイント e.憩室(diverticulum) 藤井隆広 早期大腸癌,vol.1 No.2,182
1996 「4ヶ月間の英国滞在を終えて」 藤井隆広 国立がんセンターニュース 第119号 1996,2
1996 拡大内視鏡による大腸癌の深達度診断 藤井隆広、倉橋利徳、加藤茂治、
その他
胃と腸,vol.31 No.11,1341~1352
1996 大腸内視鏡における腹壁圧迫と体位変換 藤井隆広、田村文雄、尾田恭、その他 消化器内視鏡,vol.8 No.2,189~193
1995 側方発達型早期大腸癌とIIa集簇型早期胃癌 藤井隆広、吉田茂昭、尾田恭、その他 消化器内視鏡,vol.7 No.2,231~239
1991 2cm以下の大腸癌(外科切除例)の内視鏡的検討 藤井隆人、藤井隆広、吉田茂昭、他 Prog. Digest. Endoscopy,39: 242-245
1989 腺腫を共存する進行大腸癌の検討 藤井隆広、吉田茂昭、斎藤大三、
その他
消化器内視鏡の進歩,vol.34,188~192
1988 ヒト胃癌株に対するCDDPの抗腫瘍効果に及ぼすSodium Thiosulfate(STS)の影響 藤井隆広、斎藤大三、吉田茂昭、
その他
癌と医学療法,vol.15 No.12,3227~3232
関連論文
2009 Local recurrence after endoscopic resection of colorectal tumors K. Hotta, T. Fujii, Y. Saito, T. Matsuda Int J Colorectal Dis, 24;225-230
2006 拡大観察による早期大腸癌の深達度診断 松田尚久、斎藤豊、藤井隆広、その他 消化器内視鏡、vol.18 No.3
2003 座談会;治療内視鏡の選択―切開・
剥離法を含めたEMRと腹腔鏡下手術
  早期大腸癌、vol.7 No.6;572~587
2003 Endoscopic submucosal resection of rectal carcinoid tumors with a ligation device A. Ono, T. Fujii, Y. Saito et al. GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY Vol.57 No.4
2000 Flat and depressed colonic neoplasms:
a prospective study of 1000 colonoscopies in the UK
B J Rembacken, T Fujii, A Cairns, etc THE LANCET,vol.355 No.9211,1211~1214
1991 2cm以下の大腸癌(外科切除例)の内視鏡的検討 藤井隆人、藤井隆広、吉田茂昭、他 Prog. Digest. Endoscopy,39: 242-245
1998 内視鏡、および遺伝子学的検討から-NPG癌の亜分類とその妥当性について 加藤茂治、藤井隆広、木庭郁朗、
朴成和、吉田茂昭、尾田恭
早期大腸癌2 283-291
1998 Hereditary Nonpolyposis Colorectal Cancer Associated with Dudeal Carcinoma a case reprt. Konishi K, Tajiri H. Fujii T et al Jpn J Clin Oncol28(4) 289-293
1998 Small Advanced Colorectal Adenocarcinoma Report on Three Cases Treacca A, Fujii T, Kato S, Hasebe T, Tajiri T, Yosida S Endoscopoy 30,493-495
1998 Growth pattern and genetic changes of colorectal carcinoma Kaneko K, Fujii T, Kato S, et al Jpn J Clin Oncol 28,196-201
1998 拡大内視鏡から見たIic(1)拡大内視鏡による微小表面型大腸腫瘍の肉眼分類とIIcの特徴像 加藤茂治、藤井隆広、
馬場エリーザ亮香、他
早期大腸癌2,49-57
1997 Fluorescent diagnosis of experimental gastric cancer using a tumor- localizing photosensitizer Tajiri H, Yokoyama K, Boku N, Ohtsu A, Fujii T, Yosida S, Sato T Hakamata K, Hayashi K, Sakata I Cacner Letters 111: 215-20
1997 High frequency of K-ras mutations in human colorectal hyperplastic polyps Otori K, Oda y, Sugiyama K, Hasebe T, Mukai K, Fujii T, Tajiri H, Yoshida S, Fukushima S, Esumi H Gut 40: 660-3
1996 Diagnostic utility of endoscopic ultrasonography for preoperative rectal cancer staging estimation Kaneko K.,Fujii T., Boku N., Hosokawa K., Ohtsu A.,Koba I.,Oda Y., Muro K., Miyake I., Yoshida S., Abe K. pn J Clin Oncol 26 30-5
1996 Association of p53 protein expression with responses abd survival of patients with locally advanced esophageal cancer treated with chemoradiotherapy Muro K., Fujii T.,Ohtsu A., Boku N., Chin K., Oda Y., Hosokawa K., Yoshida Y., Hasebe T. Jpn J Clin Oncol 26 65-9
1996 "Para-lesional" saline injection method for assessment of sall gastric cancers by endoscopic ultrasonography Boku N., Fujii T.,Ohtsu A., Koba I., Hosokawa K.,Oda Y.,Muro K., Chin K., Kaneko K., Tajiri H., Yoshida S., Ono M.,Kinosita T., Hasebe T., Mukai K., Abe K Dig. Endosc. 8 122-6
1996 Treatment for locally advanced esophageal carcinoma complicated by fistulas case report. Muro K,Fujii T, Ohtsu A, Boku N, Oda Y, Hosokawa K, Koba I, Tajiri H, Yoshida S Jpn J Clin Oncol 1 176-81
1996 非結節集蔟様大腸腫瘍の1例
-その形態学的特徴像と遺伝子背景-
尾田恭、藤井隆広、木庭郁朗、朴成和、大津敦、田尻久雄、吉田茂昭、
長谷部孝裕
胃と腸,31: 235-241
1996 内視鏡的逆行性膵管造影下CT(ERP-CT)による膵管分岐形態に関する検討 新井仁秀、竜崇正、大津敦、
吉田茂昭、藤井隆広、朴成和
Gastroenterol Endosc 38: 20-25
1996   堀内亮郎、田尻久雄、大津敦、
藤井隆広、朴成和、細川浩一、
木庭郁朗、尾田恭、室圭、田村文雄、武藤学、大桑正名、里吉研、横山和典、吉田茂昭
Prog Digest Endoscopy 48: 67-70
1995 Concurrent chemotherapy and radiation therapy for locally advanced carcinoma of the esophagus Ohtsu A., Fujii T.,Yoshida S., Boku N., Miyata Y.,Hosokawa K.,
Koba I., Shimizu W., Ogino T
Jpn J Clin Oncol 25: 261-266
1995 遺伝子背景からみた胃と大腸の微小癌
ーp53を中心にー
朴成和、藤井隆広、吉田茂昭、大津敦、細川浩一、白尾国昭、 横田敏弘、
斉藤大三、福田治彦
消化器内視鏡 7: 217-224
1995 Is型大腸腫瘍の内視鏡所見における悪性指標の検討 尾田恭、藤井隆広、木庭郁朗、大中治、室圭、朴成和、大津敦、吉田茂昭 Gastroenter Endosc 37 760-6
1995 いわゆるⅡa 集蔟型期胃癌の臨床病理学的検討 平山敦、藤井隆広、斉藤大三、清水靖仁、小松嘉人、津久井充広、石浜徹義,横田敏弘、白尾国昭、近藤 仁、山口肇、小黒八七郎、笹子三津留、落合淳志、下田忠和、藤井隆広、吉田茂昭 Prog. Digest. Endoscopy 46: 130-131
1994 The differential diagnosis of malignant lymphoma and reactive lymphoreticular hyperplasia of the stomach using endoscopic ultrasonography Boku N.,Fujii T.,Yoshida S., Ohtsu A., , Abe K., Hijikata A., Shirao K., Saito D., Yamaguchi H., Ochiai A., Hirota T Dig Endosc. 6: 163-169
1994 早期大腸癌の深達度診断 横田敏弘、藤井隆広、松井孝志、福田治彦、横山正、岡政志、久居弘幸、 清水靖仁、小野裕之、斉藤大三、小黒八七郎、杉原健一、森谷宜晧、石川勉、牛尾恭輔、落合淳志、下田忠和、、吉田茂昭 胃と腸 29:1261-1269
1993 Small cell carcinoma of the esophagus with an esophago-mediastinal fistula successfully treated by chemoradiation therapy and intubation: A case report Ohtsu, A., Fujii, T.,Yoshida, S., Boku, N., Oda, Y.,Miyata, Y., Koba, I., Muro, K., Ohnaka, O, Shimizu, W., Ogino, T. and Abe,. K Jpn J Clin Oncol 23: 373-377
1991 An early phase IIstudy of 5-fluorouracil combined with cisplatinum as a second-line chemotherapy against metastatic gastric cancer Ohtsu, A., Fujii T.,Yoshida, S., Saito, D., et al Jpn. J. Clini. Oncol. 21: 120-124
1991 Clinico- pathological and endoscopic studies on gastric cancer located at the cardia Muramatsu, H., Fujii T.,Saito, D.,Yoshida, S.,et al Dig. Endosc. 3: 357-367
1991 純粋Ⅱb 型早期胃癌の内視鏡的検討 木庭郁朗、藤井隆広、山口肇、吉田茂昭、他 Prog. Digest. Endoscopy,38: 234-237
1990 高周波ポリペクトミーの実際、成績、合併症 吉野光也、藤井隆広、吉田茂昭、他 カレントテラピー,8: 68-71
1990 2cm以下進行胃癌の内視鏡的、臨床病理学的性状と予後 水野芳樹、藤井隆広、吉田茂昭、山口肇、他 Prog. Digst. Endoscopy,37: 154-160
1989 経過観察からみた小さな未分化型胃癌;内視鏡的診断指標の検討 吉田茂昭、藤井隆広、大津敦、山口肇、他 胃と腸,24: 1379-1386
1989 早期胃癌の診断契機について ー他院紹介例と当院発見例との比較検討ー 吉野昌子、藤井隆広、吉田茂昭、田尻久雄、他 Prog.Digest.Endoscopy,34:150-154
1989 早期胃癌の内視鏡診における進歩と使用機種との関連性について 吉野光也, 藤井隆広、吉田茂昭, 山口肇, 他 Prog. Digest. Endoscopy,34 : 145-149
1989 隆起型早期胃癌(Ⅰ型、Ⅱa型)と腺腫(GroupⅢ 病変)との内視鏡的鑑別診断ー数量科の試み 石井一徳、藤井隆広、吉田茂昭、山口肇、他 Prog. Digest. Endoscopy,34: 129-133
1989 早期胃癌における胃炎様悪性所見の鑑別診断 吉野光也、藤井隆広、吉田茂昭、山口肇,他 Prog. Digest. Endoscopy,35: 139-142
1989 胃癌追加切除例からみた内視鏡診断の問題点 春日井尚、藤井隆広、吉田茂昭、田尻久雄、他 Prog. Digest. Endoscopy,35. 156-160
1989 ラジアル走査式超音波内視鏡を用いた胃癌の食道浸潤診断 宮本兼吾、藤井隆広、吉田茂昭、斉藤大三、他 Prog. Digest. Endoscopy,35: 134-138
1989 ヌードマウス移植・ヒト胃癌に対するCDDPとSodium Thiosulfate (STS) の併用に関する検討ー STSの至適投与量についてー 斉藤大三、藤井隆広、吉田茂昭、他 癌と化学療法,16: 379-385
1989 胃前庭部未分化型腺癌の発育進展様式とその内視鏡診断上の問題点 渡辺七六、藤井隆広、斉藤大三、吉田茂昭、他 Prog. Digest. Endoscopy,34: 139-144
1989 食道癌に合併した胃病変の検討ー同時性食道胃重複癌を中心にー 宮岸清司、藤井隆広、山口肇、吉田茂昭、他 Prog. Digest. Endoscopy,34: 120-124
1989 食道粘膜下腫瘍の内視鏡的検討 小西大、藤井隆広、山口肇、吉田茂昭、他 Prog. Digest. Endoscopy,35: 112-115
1989 著明な増大を示した胃過形成性ポリープの検討 宮本兼吾、藤井隆広、斉藤大三、吉田茂昭、他 消化器内視鏡,9: 1263-1271
1988 電子スコープの色彩計への応用に関する検討 河合誠, 藤井隆広、山口肇, 吉田茂昭、他 Prog. Digestive Endoscopy 32,69-72
1988 隆起型早期胃癌の内視鏡的深達度診断 次木 稔、藤井隆広、田尻久雄、吉田茂昭、他 Prog. Digest. Endoscopy,32: 144-148
1987 化学療法による胃癌内視鏡像の変化と生検所見との関連性について 秋葉直志、藤井隆広、吉田茂昭、土方淳、他 Prog. Digest. Endoscopy,30:168-171
1987 Borrmann 4型胃癌の内視鏡診断の検討ー肉眼型の誤診要因についてー 高清水一善、藤井隆広、吉田茂昭、斉藤大三、他 Prog. Digest.Endoscopy,30: 173-177
1987 胃癌深達度の誤診例に対する検討 松田春甫、藤井隆広、吉田茂昭、斉藤大三、他 Prog. Digest. Endoscopy,30: 163-167
1987 GroupⅢ病変(胃腺腫) の内視鏡像における時代的変貌 秋谷正彦、藤井隆広、吉田茂昭、土方淳、他 Prog. Digest. Endoscopy,31: 174-178
1987 胃生検による癌巣消失の可能 性について 町田守也、藤井隆広、吉田茂昭、田尻久雄、他 Prog. Digest. Endoscopy,31: 317-321
1987 微小・小胃癌の診断過程と内視鏡像との関連性について 石原克也、藤井隆広、吉田茂昭、山口肇、他 Prog. Digest. Endoscopy,31: 194-198
1987 胃底腺領域における長径2cm以下の未分化型早期胃癌の臨床病理学的、内視鏡的検討 向井俊一、藤井隆広、吉田茂昭、斉藤大三、他 Prog.Digest. Endoscopy,31: 189-193
1987 胃生検 GroupⅣ病変の内視鏡像とその臨床的取り扱いについて 宮本兼吾、藤井隆広、吉田茂昭、土方淳、他 Prog. Digest. Endoscopy,31:179-183
1987 胃潰瘍の診断にて経過追跡中に確診された成人T細胞白血病(ATL)の1例 山本信彦、藤井隆広、山口肇、吉田茂昭、他 Prog. Digest.Endoscopy,30: 275-278
1987 表層型原発性胃悪性リンパ腫27例の内視鏡的、病理学的検討 武永強、藤井隆広、山口肇、吉田茂昭、他 Prog. Digest. Endoscopy,31:165-168
1987 胃癌の随伴Ⅱb 型に対する内視鏡診断成績とその問題点 岩嵜義彦、藤井隆広、斉藤大三、吉田茂昭、他 Prog. Digest. Endoscopy,31: 210-214
1987 鉤状膵癌の膵管像について 山管忍、藤井隆広、田尻久雄、吉田茂昭、他 Prog. Digest. Endoscopy,31: 235-239

ページTOPへ